【独自】小学校教科担任制導入へ教員加配を支援 文科省概算要求

文科省は、小学校高学年での教科担任制の導入を促進するため、新たな教員定数の加配措置について、8月末に提出する2020年度予算の概算要求に盛り込む方針を固めた。教科担任制を先取りして導入している自治体に対して、教員の加配に必要な人件費を国費で支援する。教育新聞の取材で8月25日までに分かった。加配措置への国費による支援が行われるようになれば、新たに教科担任制の導入を検討する自治体も増えることが予想され、小学校高学年の教科指導の在り方が大きく変わる可能性がある。

小学校高学年での教科担任制を巡っては、今年4月に柴山昌彦文科相が中教審に諮問。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。