AIが読める学校HPを無償提供 新井紀子氏が新プロジェクト

国立情報学研究所の新井紀子・社会共有知研究センター長は8月27日、AIが読める学校ホームページを無償で提供する「edumapプロジェクト」を開始すると、同研究所主催の「NetCommons ユーザカンファレンス 2019」で発表した。学校の基本情報や緊急情報をAIが自動的に判読できる環境を整えることで、災害時の避難状況の把握や、学校が発信する情報の多言語対応などが可能となり、学校間での不審者情報共有なども円滑になると期待される。

edumapは、同研究所が2005年に教育機関向けオープンソースソフトウエアとして提供を開始した「NetCommons」をベースとし、行事カレンダーやブログ、資料ダウンロードなどの機能を標準装備したクラウド型ホームページ運営サービス。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。