保育の受け皿整備に1305億円計上 厚労省の概算要求

厚労省は8月27日、2020年度予算案の概算要求を発表した。保育の受け皿整備や保育人材の確保などに1305億円(前年度比221億円増)、児童相談所の設置促進をはじめとする児童虐待防止対策に1725億円(同88億円増)を計上した。

「子育て安心プラン」をはじめとした総合的な子育て支援には、総額で3385億円(同204億円減)を充てる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。