未来の教室に33億円 STEAMライブラリー立ち上げ

経産省は8月30日、2020年度予算案の概算要求を発表した。EdTechを活用した「未来の教室」実証事業について、モデル校による実証事業を継続するほか、STEAM教育に活用するプログラムをコンテンツとしてライブラリー化する「STEAM Library」事業に取り組むとして、19年度予算の3倍となる33億円(前年度比22億円増)を計上した。

「未来の教室」実証事業では、19年度に長野県坂城高校、武蔵野大学中学校、東京都千代田区立麹町中学校、静岡県袋井市立浅羽北小学校の4校をモデル校に選んで実証事業を継続。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。