「いまやっていない授業をやろう」 英語4技能実践を強調

英語4技能の授業実践を討議する「第1回ESIBLA教育フォーラム」が8月31日、都内で開かれた。基調講演に立った吉田研作・上智大学特任教授は、新学習指導要領の英語が「単語や文法の知識をただ身に付けるだけではなく、その知識を使い、他者とのコミュニケーションができる能力を求めている」と説明。その上で、「単語を暗記したり文法を繰り返したりするだけでは、生徒はコミュニケーションができるようにはならない。『読む』『書く』『聞く』『話す』の4技能全てを活用した、総合的な指導が重要だ」と強調した。

吉田特任教授は、中学3年生を対象とした2019年全国学力・学習状況調査の英語の結果について、「聞く」「読む」ともに「一文ずつ正確に訳すのではなく、全体の概要や要点をとらえようとする授業を受けている生徒の正答率が高かった」と説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。