ノートに「教育委員会は大ウソつき」 関係者が記者会見

埼玉県川口市立中学校に在学中、いじめによる被害を訴えていた男子高校生(15)が9月8日未明にマンションから転落して死亡していたことが9月9日、分かった。同市役所で関係者が記者会見した。男子高校生が残したノートには「教育委員会は大ウソつき」などと記されていた。自殺の可能性があるとして、市教委が事実確認を進めている。

記者会見する関係者

会見した関係者によると、男子高校生のノートには9月6日付で、「教育委員会は大ウソつき。いじめた人を守って、ウソばかりつかせる。いじめられたぼくがなぜこんなにもくるしまなきゃいけない」と、市教委を批判する言葉が書き残されていた。「ぼくの味方は家ぞくだけ」という記載もあり、別のページには、「今度こそさようなら」と記されていた。

男子高校生は川口市立中学校に通っていた2016年5月ごろから、サッカー部の同級生や先輩から悪口や無視、仲間はずれなどのいじめを受けるようになった。顧問に相談し、複数回にわたって担任に手紙を送るなどしたが、いじめと認識してもらえないと、同年9月、自室で首つり自殺を図った。

連絡を受けて校長が自宅を訪ねてきた際、保護者が「SOSに気がつかなかったのですか」と尋ねると、校長は「あれ(手紙)がSOSですか」と答えたという。

母親は登校をやめさせたが、翌月にまた自殺未遂をし、警察が市教委に連絡した。学校は11月、いじめに関するアンケート調査を始めたが、教頭が男子高校生の自宅に電話をし、「いじめはない」と述べたという。男子高校生は17年4月、遺書を書いて自宅近くのマンションから飛び降り、重傷を負って後遺症で足に障害が残った。

市教委は3回目の自殺未遂から半年がたった10月、市長に「いじめの重大事態」として調査委員会設置について説明し、同年11月に調査委の第1回会合を開いたが、男子高校生側は「設置について説明を受けておらず、聞き取りもされていない」として、対応に不満を持っていたという。

関係者は、男子高校生が残したノートにある「大ウソつき」などの記述について、市教委の対応を「信用できない」と感じていたことや、学校がいじめをなかなか認めず、認めた後も十分なケアや学習支援がないまま卒業することになった点などを指していると見ている。