ノートに「教育委員会は大ウソつき」 関係者が記者会見

埼玉県川口市立中学校に在学中、いじめによる被害を訴えていた男子高校生(15)が9月8日未明にマンションから転落して死亡していたことが9月9日、分かった。同市役所で関係者が記者会見した。男子高校生が残したノートには「教育委員会は大ウソつき」などと記されていた。自殺の可能性があるとして、市教委が事実確認を進めている。

会見した関係者によると、男子高校生のノートには9月6日付で、「教育委員会は大ウソつき。いじめた人を守って、ウソばかりつかせる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。