【共通テスト】英語民間試験の活用延期 全高長が要望

大学入学共通テストにおける英語民間試験の活用について、受験生や高校現場の不安は依然解消されていないとして、全国高等学校長協会(全高長)は9月10日、英語民間試験の活用延期と制度の見直しを求める要望書を、文科省高等教育局の西田憲史大学振興課長に提出した。要望書では、地域格差などの問題が解決されないまま、2020年4月から民間試験の活用を開始することは「極めて重大な問題」と指摘。問題が解決するまでは、実施を見送るよう要請した。

全高長は7月25日にも文科省に要望書を提出し、民間試験の活用に対する高校現場の不安解消に向けて、試験実施団体や大学に対し、試験の実施日程や試験の活用方針などの情報を早期に公表するよう求めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。