組み体操の練習で3人骨折 神戸市長「やめる勇気を」

神戸市教委は9月10日、市立小中学校14校で、組み体操の練習中に児童生徒の事故が起き、3人が骨折、3人が脱臼や捻挫をしたと明らかにした。同市教委によると、受診したのは児童生徒14人で、全治1カ月の骨折を負った中学生もいるというが、「組み体操の取りやめは聞いていない」としている。

久元喜造神戸市長は前日の9日夕、「組み体操で立て続けに3件の骨折事故が発生したと報告を受けた」とSNSで明らかにし、「教委、そして校長先生をはじめ小中学校の先生方はやめる勇気を持ってください」と投稿。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。