【世界大学ランキング2020】日本はトップ200に2校のみ

英国の教育専門誌「Times Higher Education(THE)」は9月12日、大学の教育の質や国際性などを総合的に評価する「THE世界大学ランキング2020」を発表した。国内では米国に次ぐ110校がランキングに名を連ねた一方で、上位200校に入ったのは東京大学(36位)と京都大学(65位)の2校のみだった。

「THE世界大学ランキング2020」

米国は60校、英国は28校がトップ200入りしており、前年に引き続き大きくリードした。またアジア勢でも中国は7校、韓国は6校、香港は5校がトップ200にランクインした。

同ランキングによると、首位は前回と同じくオックスフォード大学(英)。次いで▽2位 カリフォルニア工科大学(米)▽3位 ケンブリッジ大学(英)▽4位 スタンフォード大学(米)▽5位 マサチューセッツ工科大学(米)▽6位 プリンストン大学(米)▽7位 ハーバート大学(米)▽8位 イェール大学(米)▽9位 シカゴ大学(米)▽10位 インペリアル・カレッジ・ロンドン(英)――となり、米国と英国で占められた。

アジア勢でトップに立ったのは総合23位の清華大学(中国)で、次いで▽24位 北京大学(中国)▽25位 シンガポール国立大学(シンガポール)――だった。

東大と京大を除いた国内大学の結果は、▽251~300位 東北大学、東京工業大学▽301~350位 名古屋大学、大阪大学▽351~400位 産業医科大学▽401~500位 藤田医科大学、北海道大学、九州大学、帝京大学、東京医科歯科大学、筑波大学▽501~600位 関西医科大学、横浜市立大学――などだった。
同誌によると、日本の大学は研究分野などで評価が高い一方、国際性の低さがネックとなり、ランキング上位に食い込めなかった。

この結果を受け、日本の大学について、THEチーフ・ナレッジ・オフィサーの フィル・ベイティ氏は「優れた研究者や留学生を引きつけたり、他国の研究者との協力を進めたりして、国際性のスコアを向上させるべきだ」とコメントした。

今年で16回目を迎える同ランキングは、各大学の教育や研究、国際性など5つの分野と13の指標を基にスコアを算出。今回は92カ国1300校以上をランク付けした。