学校の働き方改革に意欲 萩生田新文科相が就任会見

9月11日に発足した第4次安倍再改造内閣で初入閣した萩生田光一文科相は同日夜、文科省に初登庁し、就任記者会見に臨んだ。「多様性のある教育」を掲げ、「一本道ではなく複数の道をつくっていきたい」と抱負を語った。学校の働き方改革については、「教員が子供たちと向き合い、授業に力を注ぐことができるような環境を再構築していく」と、推進に意欲を示した。

新文科相は、教員の採用倍率が全国的に低下傾向にあるのを受け、「学校現場が大変だという先入観を持たれてしまっている一面がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。