文科副大臣に亀岡氏と上野氏 無償化や教師の質向上に言及

政府は9月13日、内閣改造に伴う副大臣と大臣政務官の人事を決めた。文科副大臣に亀岡偉民(教育、スポーツ担当)=自民=、上野通子(科学技術、文化担当)=同=の両氏を起用した。政務官には佐々木さやか(教育、文化担当)=公明=、青山周平(科学技術、スポーツ担当)=自民=の両氏が就いた。

省内で開かれた同日の就任会見で、教育担当の亀岡副大臣は、幼児教育や高等教育の無償化を速やかに実現したいとし、「家庭環境などに関わらず、意欲ある子供がしっかりと学べ、個性豊かな夢に進める環境づくりに注力する」と意気込みを語った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。