【読者投票】文教行政の通知表 この1年のあなたの評価は?

第4次安倍再改造内閣が発足し、文科相が柴山昌彦氏から萩生田光一氏に交代しました。

柴山前文科相は退任前の9月10日の会見で、約11カ月にわたった任期について、「さまざまな改革を前に進めてきたと自負している」と述懐。

文教政策の成果としては、遠隔教育の推進や、Society5.0を見据えたICT環境整備の加速、個別最適化された学びの実現などをうたった「新時代の学びを支える先端技術のフル活用に向けて~柴山・学びの革新プラン~」、高等教育機関の教育・研究力向上への支援と合わせ、評価を徹底することによって改革を推進する「高等教育・研究改革イニシアティブ(柴山イニシアティブ)」の策定、低所得世帯への高等教育の無償化を定めた大学修学支援法の成立――などを挙げました。

また翌11日の会見で、実施延期を求める声が上がっている大学入学共通テストの英語民間試験活用については、「後任の萩生田大臣にしっかりと対応をしていただきたい」と述べました。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから
Facebookコメント

 

Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。