【未来の先生展】教育の不易とは 工藤勇一校長が鼎談

教育のさまざまな課題に取り組むイノベーターらが集まる日本最大級の教育イベント「未来の先生展2019」が9月14~15日、東京都千代田区の明治大学を会場に開かれた。開催記念として、「学校教育の不易流行をつむぎだす」をテーマにした鼎談が15日に開かれ、大勢の立ち見客が出る中、工藤勇一・同区立麹町中学校長や土屋恵一郎・明治大学学長、出口治明・立命館アジア太平洋大学学長が登壇した。

定期テストの廃止や全員担任制の導入、企業と連携した多様なプログラム実施などの改革で注目されている工藤校長は「現在の学校が抱えている課題は、手を掛ければ掛けるほど、生徒が自律できなくなることだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。