「入試はミッションが決める」大学入試センターがシンポ

大学入試の在り方を考える、大学入試センター主催のシンポジウムが9月19日、「高大接続における特別選抜の意義と課題-広義の育成型入試に焦点を当てて-」と題して、都内で開催された。基調講演では、川嶋太津夫・大阪大学高等教育・入試研究開発センター長が海外の大学入学者選抜の考え方を紹介した上で、日本の大学入試が抱える課題を指摘した。続いて、受験生に課したレポートを何度も書き直させる独自のAO入試や、受験前の高校生に個別面談を繰り返すアサーティブプログラムで、入試改革に成果を上げた大学の事例が報告された。

開会のあいさつに立った山本廣基・大学入試センター理事長は「大学入学共通テストの実施が迫ってきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。