【英語民間試験】私立中高連は「延期反対」 文科省に要望書

大学入学共通テストにおける英語民間試験の活用を巡り、全国の私立の中学や高校などが加盟する「日本私立中学高等学校連合会」(中高連)は9月19日、萩生田光一文科相に要望書を提出した。英語民間試験の活用延期は大きな混乱を招くとして、延期反対の姿勢を表明し、2020年4月からの円滑な実施を求めた。同月18日から予約申し込みを開始した日本英語検定協会(英検)に対しては、予約申込期間の延長と予約金の徴収取りやめを要請した。

要望書では、共通テストの受験を目指す高校生は、すでに英語民間試験の活用を念頭に準備を進めており、中断や延期となればかえって大きな混乱を招き、受験生の負担となるとして、文科省が責任を持って、円滑な実施に向けて、大学や試験実施団体に働きかけをしていくべきだとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。