福井県がシフト制導入を提案 教員の業務改善例を通知

福井県教委は9月20日までに、県内の市町教委に対し、教員の業務改善推進対策の具体例を示した通知を出した。教員によって勤務時間をずらすシフト制を導入したり、保護者からの児童生徒の欠席連絡を電話からメールに変更したりすることを提案した。

通知では、部活動指導への対応などを想定し、1日の勤務時間は変更せずに、通常の午前8時~午後4時半までの勤務と、午前9時30分~午後6時までの遅番の勤務時間を、個人の状況によって設定できるようにする「勤務時間シフト制」の導入を提案。

さらに、教員の業務改善に向けた取り組み例として▽教材(プリント)をデータ化して校内や市町で共有し、若手をはじめとする教員の、教材研究の負担軽減を図る▽保護者からの児童生徒の欠席連絡をメールに変更する▽部活動や校外学習の教員引率を簡略化し、大会や練習試合は現地集合・解散とする――などを示した。

同県では今年2月、「福井県学校業務改善方針」を策定。2021年度までに時間外勤務が月80時間以上の教員をなくすことを目標に掲げた。この通知は同方針に基づき、小中学校の業務改善を進めるための一環で、「市町教育長会議」で検討した業務改善の具体的事例をまとめたもの。

勤務時間シフト制は、静岡市立大里中学校で同様の導入事例がある。

関連