【全国学力・学習状況調査】英語「話すこと」の検証報告

今年初めて実施された全国学力・学習状況調査の中学校英語「話すこと」調査について、文科省は9月20日、全国的な学力調査に関する専門家会議の第3回会合で、ワーキンググループがまとめた検証報告書を公表した。報告書では、コンピューターのスペック不足や調査設計上の問題点などを指摘。次回調査に向けて、学校のICT環境整備の必要性を提言した。

英語「話すこと」調査は、英語調査を実施した学校数の95.0%に相当する9489校で実施され、92万7196人の生徒が参加。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。