萩生田文科相インタビュー 「あらゆる選択を可能に」

萩生田光一文科相は9月25日、記者クラブに加盟するメディア向けのグループインタビューに応じ、奨学金制度の充実や、高等専門学校をはじめとする中学校卒業後の多様な進路の提供に意欲を示した。一方、LGBTへの理解を促す教育については、その必要性を認めながらも、全ての学校で実施することに対しては慎重な姿勢に徹した。

9月11日の大臣就任会見で、同文科相は「多様性のある教育」を掲げ、「一本道ではなく複数の道をつくっていきたい」と抱負を述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。