中高生向け『科学道100冊2019』発表 松岡正剛氏ら

科学の魅力を伝える良書を選んだ『科学道100冊2019』が9月26日、理化学研究所(理研、松本紘理事長)と編集工学研究所(松岡正剛所長)によって発表された。選ばれた100冊は、時代を超えて読み継ぎたい本と位置付けた「科学道クラシックス」50冊と、今が旬な科学トピックスなどから毎年選出する「テーマ本」50冊から構成。今年のテーマ本50冊は「元素ハンター」「美しき数学」「科学する女性」の3つのテーマから選ばれた。

『科学道100冊2019』について語る理化学研究所の松本紘理事長と、編集工学研究所の松岡正剛所長(右)

科学道100冊は、自然科学の総合研究所である理研の全職員が、「大人になるまでに子供たちに読んでほしい本」をリストアップ。300冊にのぼる書籍リストから本に詳しい編集工学研究所のスタッフが100冊に絞り込んで選ばれている。2017年に最初の科学道100冊と子供向けの科学道100冊ジュニアが発表され、図書館や教育機関、書店などで展開されて好評を得た。

このため、中学生・高校生を念頭に科学の魅力を多面的継続的に伝える目的で、毎年新たに100冊を選ぶアニュアル化を図り、今回の『科学道100冊2019』としてブックレットにまとめられた。

元素ハンターのテーマは、2019年が元素の周期律をメンデレーエフが発見してから150年にあたる国際周期表年となっていることから、元素や化学の面白さに注目してもらう目的で設定された。セオドア・グレイ著『世界で一番美しい元素図鑑』などが選ばれている。

美しき数学では、理研が取り組んでいる国際研究拠点「数理創造プログラム(iTHEMS)」にちなみ、数学の美しさや深さに触れられる本を選んだ。二宮敦人著『世にも美しき数学者たちの日常』などが取り上げられている。

科学する女性では、科学を愛する女性の見方・生き方・考え方を通じて、勇気や生きるヒントをつかむことが目的となっており、レイチェル・イグノトフスキー著『世界を変えた50人の女性科学者たち』など、情熱的な生きざまを伝える18冊が挙げられている。

質疑応答で教育現場での活用方法を問われた松本理事長は「100冊のうち、半分は不易、つまり基本から選び、もう半分は流行、すなわち時代の流れで変わるものから選ばれている。学校の先生方には、100冊から不易と流行を感じ取って、その両方を生徒たちに伝えてほしい。流行ばっかり追ってもいけないし、基本だけでも時代に応えられない。われわれが灯(あか)りをともしたのだから、それを頼りにしてほしい」と話した。

高校生向けのベストセラー『17歳のための世界と日本の見方』の著者でもある松岡所長は「以前、小学校で2+1(ツー・プラス・ワン)という教育をやっていた。それは2つ選んできたことに、誰かがもう1つ加えて何かを考える方法だ。科学道100冊のクラシックスとテーマからそれぞれ1冊ずつ選び、それに学校の先生ご自身が推薦する本をもう1冊選んでいただき、3冊で子供たちに教えていただきたい」と述べた。

科学道100冊2019のラインナップ

関連記事