中高生向け『科学道100冊2019』発表 松岡正剛氏ら

科学の魅力を伝える良書を選んだ『科学道100冊2019』が9月26日、理化学研究所(理研、松本紘理事長)と編集工学研究所(松岡正剛所長)によって発表された。選ばれた100冊は、時代を超えて読み継ぎたい本と位置付けた「科学道クラシックス」50冊と、今が旬な科学トピックスなどから毎年選出する「テーマ本」50冊から構成。今年のテーマ本50冊は「元素ハンター」「美しき数学」「科学する女性」の3つのテーマから選ばれた。

科学道100冊は、自然科学の総合研究所である理研の全職員が、「大人になるまでに子供たちに読んでほしい本」をリストアップ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。