【フラッグシップ大学】教員養成改革を牽引 中間まとめ

Society5.0時代の教員養成を先導するフラッグシップ大学の在り方を議論している中教審教員養成部会のワーキンググループ(WG)は9月27日、第6回会合を開き、フラッグシップ大学の使命や要件を整理した中間まとめを採択した。Society5.0時代に対応するためには、教員養成の現状には制約が多いとして、フラッグシップ大学を教員養成改革の牽引役(けんいんやく)と位置付けた。

中間まとめでは、フラッグシップ大学の役割について、先導的試行的な取り組みの成果を展開し、全国の教員養成大学や教育委員会が連携する中核であり、教員養成の課題解決に応える拠点と定めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。