外国人児童生徒2万人が不就学 文科省、初の調査で推計

文科省は9月27日、小学校や中学校に就学していないとみられる外国人児童生徒が、全国に1万9654人いると推計した調査結果を公表した。学齢に相当する外国人児童生徒で住民基本台帳に記載されている人数と市町村教育委員会から報告のあった人数には9886人もの差があり、市町村が外国人児童生徒の就学状況を把握しきれていない実態が浮き彫りとなった。調査結果を受け、同省では、市町村教委に対し、外国人児童生徒の就学状況の把握や就学への働き掛けに取り組むよう促す考えだ。

文科省が外国人児童生徒の就学実態について全国調査をしたのは、今回が初めて。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。