プログラミングの授業の視点とは STEM教育学会が大会

日本STEM教育学会の第2回年次大会が9月28日、東京都豊島区の豊島岡女子学園中学校高校を会場に開催され、シンポジウムや研究発表が行われた。一般研究発表では、新学習指導要領の全面実施を見据え、小林祐紀・茨城大学准教授が、小学校でのプログラミング教育の授業設計に求められる10個の視点について報告。平野恵・大妻中野中学校高校教諭が、ビジュアル型プログラミング言語「Scratch」の音声合成ツールを活用した英語習得プログラムについて提案した。

小林准教授は、プログラミング教育に1年以上継続して取り組んでいる3人の小学校教員のインタビューデータを分析し、小学校のプログラミング教育の授業を設計する上で実践者が重視している視点を10個抽出。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。