外国人児童生徒の日本語習得にも デイジー教科書の効果報告

外国人児童生徒が教科書で学習する際の課題について協議している文科省の検討会議は10月2日、第2回会合を省内で開いた。障害児向けの音声教材である「デイジー教科書」が、外国人児童生徒の日本語の習得にも効果があることが、委員から報告された。

デイジー教科書は視覚障害や発達障害、識字障害などのある児童生徒の使用を想定し、教科書の文章を音声で読み上げる教材。……