「病的なネット依存の疑い」13.7% 岡山県教委調査

岡山県教委はこのほど、県内の中学生を対象に実施した、インターネットに関する調査の結果を発表した。病的なネット依存の疑いがあるのは、13.7%だった。

厚労省研究班(代表・尾崎米厚鳥取大教授)が2017年度に実施した全国調査と同じ質問構成で、▽ネットの時間を短くすると、落ち込みやいら立ちを感じることがある▽ネットに夢中なことを隠すために、家族や友達にうそをついたことがある――など、8項目について尋ねた。

同省の調査と同じく、5項目以上に該当した場合をネット依存が疑われる「病的使用者」、3~4項目を依存になる危険性がある「不適応使用者」と判断した。

病的使用者と判断されたのは13.7%で、不適応使用者は32.6%。病的使用者を学年・男女別で見ると、最も割合が高かったのは中3女子(17.2%)、次いで中2男子(14.2%)で、最も低かったのは中1男子の11.1%だった。

項目別で多かったのは「ネットに夢中になっていると感じることがある」(66.5%)、「予定より長くネットを使ってしまう」(65.5%)で、少なかったのは「ネットのせいで人間関係がうまくいかなくなったことがある」(6.5%)、「ネットに夢中なことを隠すために家族や友達にうそをついたことがある」(9.7%)だった。

病的使用者の13.7%は、厚労省研究班が17年度に実施した全国調査の12.4%を1.3ポイント上回った。県教委の担当者は教育新聞の取材に、「年々増えてきており、危機的状況だと捉えている。対策を採る必要がある」と答えた。

同調査は5~6月に実施し、対象は「OKAYAMAスマホサミット2019」に参加した中学校17校の1~3年生の生徒。有効回答は3729人。