外国人児童生徒の就学義務化 立憲民主PTが法制化議論

立憲民主党は10月3日、「外国人受け入れ制度及び多文化共生社会の在り方に関する検討プロジェクトチーム(PT)」の会合を都内で開き、文科省の初めての実態調査で全国に約2万人いると推計された、外国人児童生徒の不就学問題を議論した。PTのメンバーからは、外国人児童生徒の就学を法律で義務付ける必要性などが指摘された。

文科省が全1741市町村を対象に実施した外国人児童生徒の就学状況調査では、不就学の可能性があると考えられる子供が、今年5月1日段階で1万9654人に上り、自治体によっては外国人児童生徒の就学実態を完全に把握できていないことが明らかとなった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。