日本の教育情報化の展望語る 法制化を記念しシンポ

日本はICT教育の世界最先端になれるのか――。今年の通常国会で成立した「学校教育情報化推進法」を記念したシンポジウムが10月3日、都内で開かれた。同法の法案をまとめた超党派による「教育における情報通信(ICT)の利活用促進をめざす議員連盟」の議員や、教育の情報化に関係する省庁の担当者らが登壇し、同法の狙いや、世界から遅れている日本のICT教育の展望を語った。

超教育協会が主催し、教育関係者や企業関係者ら約150人が参加。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。