小学校教科担任制・ICT整備 「論点そろった」中教審

中教審初等中等教育分科会が10月4日、文科省内で開かれ、今年4月に当時の柴山昌彦文科相から受けた諮問「新しい時代の初等中等教育の在り方について」のうち、「ICT環境や先端技術の効果的な活用」と「小学校における教科担任制の在り方」の2項目について、論点整理をまとめた。学校のICT環境には致命的な遅延があるとして抜本的な改善を求め、小学校の教科担任制については小学校高学年での本格的導入の検討を促した。

論点整理では、新しい時代を見据えた教育が育成を目指すべき資質・能力として「自立した人間として、主体的に判断し、多様な人々と協働しながら新たな価値を創造する人材」と「変化を前向きに受け止め、豊かな創造性を備え持続可能な社会の創り手として、予測不可能な未来社会を自立的に生き、社会の形成に参画するための資質・能力」と整理。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。