自民党部会が給特法改正案を審議 9日にも了承の見込み

自民党は10月7日、文教科学部会を開き、臨時国会に文科省が提出予定の給特法改正案を審議した。文科相が公立学校教員の超過勤務時間の上限などを「指針」として定めることや、1年単位の変形労働時間制を自治体で導入できるようにするのが柱で、9日の同部会で了承される見込み。

同部会に出席した萩生田光一文科相は「法律を変えたことで直ちに全てが解決するわけではないが、子供たちと向き合う時間を増やしてもらい、『先生』がいつまでも憧れの職業であってもらいたい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。