市原隼人さんが「給食愛」語る 『おいしい給食』会見

俳優の市原隼人さんが主演を務める、学校給食がテーマのドラマ『おいしい給食』の記者会見が10月9日、東京都世田谷区の世田谷ものづくり学校で開催された。市原さんや女優の武田玲奈さんらキャストが登壇し、ドラマに対する意気込みや給食への思いを語った。

記者会見に挑んだ市原隼人さん(中央)らキャスト陣

『おいしい給食』は80年代の中学校が舞台。市原さん演じる給食が大好きな教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウが繰り広げる、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディー。劇中には、鯨の竜田揚げやミルメーク、白玉フルーツポンチなど、懐かしい給食メニューが次々登場する。

市原さんは会見で、自身が演じるキャラクターについて触れ、「教師として見せてはならない姿も見せてしまう、ぶっ飛んだ役。給食がテーマなので世代を超えて楽しめるし、いろいろな世代の人がつながる作品になればうれしい」とアピールした。

会見では好きな給食メニューを発表するコーナーもあった

会見ではキャスト陣が好きな給食メニューを発表するコーナーがあり、市原さんは「きな粉パン」、武田さんは「コッペパン」を挙げ、自身の学生時代の給食メニューを振り返った。

また会見終盤には、ドラマの放送に先駆け、来年春に映画化されることも発表された。

ドラマ『おいしい給食』は、10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかで順次放送。