教育関係23団体が全国集会 定数改善求めるアピール採択

日本PTA全国協議会、全国連合小学校長会(全連小)など教育関係23団体から成る「子どもたちの豊かな育ちと学びを支援する教育関係団体連絡会」は10月9日、東京都千代田区の参議院議員会館で全国集会を開き、教職員定数の改善や学校のICT環境整備の推進を求めるアピールを採択した。同連絡会では今後、アピールを基に関係省庁に働きかけを展開していく方針。

全国集会には教育関係者ら約200人、国会議員約100人が出席。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。