教員いじめに文科相「言語道断」 副大臣を神戸に派遣

神戸市立小学校の男性教諭が先輩教員らから暴行、いじめを受けていた問題で、萩生田光一文科相は10月11日、「言語道断」と厳しく批判し、亀岡偉民文科副大臣らを同市教委に派遣すると閣議後会見で発表した。

萩生田文科相は「いじめは絶対に許さないことを指導する立場でありながら、複数で暴力行為を繰り返していたとは、児童を預かる教師として言語道断であり、極めて遺憾だ」と批判。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。