学校の「過失」と「責任」確定 大川小津波訴訟、最高裁

東日本大震災の津波で犠牲になった、宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族が、市と県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は10月11日までに、上告を退ける決定をし、約14億円の賠償を命じた2審判決が確定した。

大規模自然災害の中で発生した学校管理下での被害をめぐり、事前対策の不備を指摘して賠償を命じた初の司法判断。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。