台風19号で283校休校 緊急採用奨学金の受付も開始

文科省は、各地で河川の氾濫や土砂崩れなどの甚大な被害を与えた台風19号の影響により、10月15日午後3時15分時点で、全国の283校で休校、121校で短縮授業となっていると発表した。また、日本学生支援機構は同日、被災した学生で災害により家計が急変した場合の緊急採用奨学金の受付を開始した。

台風19号の影響で増水した秋川(東京都あきる野市)

同省によると、休校となったのは▽岩手 11校▽宮城 44校▽福島 118校▽茨城 22校▽栃木 25校▽群馬 5校▽埼玉 2校▽千葉 3校▽東京 3校▽神奈川 12校▽山梨 1校▽長野 37校――の12都県283校に及んだ。校種別では▽幼稚園 5園▽小学校 127校▽中学校 56校▽義務教育学校 1校▽高校 73校▽特別支援学校 18校▽高等専門学校 2校▽大学 1校。

短縮授業を実施したのは▽宮城 1校▽福島 15校▽茨城 46校▽栃木 19校▽群馬 2校▽埼玉 2校▽千葉 19校▽東京 5校▽神奈川 4校▽山梨 1校▽長野 7校――の11都県計121校。校種別では▽幼稚園 1園▽小学校 63校▽中学校 29校▽高校 27校▽特別支援学校 1校。

避難所となっている学校は▽宮城 2校▽茨城 14校▽栃木 2校▽神奈川 18校――の4県計36校。校種別では▽小学校 25校▽中学校 10校▽高校 1校。

学校施設の物的被害では、923校で校舎や体育館、グラウンドへの浸水、雨漏り、倒木、ガラスやフェンス、屋根の破損などが確認された。都道府県別では▽岩手 86校▽宮城 1校▽福島 28校▽茨城 43校▽栃木 21校▽群馬 13校▽埼玉 6校▽千葉 507校▽東京 43校▽神奈川 17校▽新潟 16校▽石川 1校▽山梨 40校▽長野 55校▽岐阜 1校▽静岡 19校▽滋賀 19校▽岡山 5校▽広島 2校――の計19都県に及んだ。校種別では▽幼稚園 29園▽小学校 430校▽中学校 243校▽義務教育学校 5校▽高校 164校▽特別支援学校 27校▽その他(大学など) 25校。

文科省では10月14日付けで被災した児童生徒を別の学校で受け入れたり、就学援助・奨学金などを弾力的に取り扱ったりするなどの支援を行うとともに、学校再開に向けて安全や衛生状態の確保に努めるよう、各都道府県教育委員会に通知した。

また、日本学生支援機構は同月15日に▽災害救助法適用地域の世帯の学生を対象とした貸与奨学金の緊急採用▽奨学金返還者からの減額返還・返還期限猶予の願い出▽居住する住宅が半壊以上の被害を受けた学生を対象とした返還不要の10万円の支援金の申請――について、それぞれ受付を始めた。

緊急採用奨学金と支援金については、在学している学校を通じて申し込む。詳細は同機構ホームページで確認できる。