「共にしぼる思考力」に着目 埼玉大附属小で公開授業

埼玉大学教育学部附属小学校で10月15日、「学びの本質を育む授業の創造」をテーマとする教育研究協議会が開催された。最終年次の8年目を迎えた今年度は、育成したい力として「ともに広げ、ともにしぼる思考力」を掲げ、協働的思考力に着目して全教科で研究を展開。15日には図画工作や体育など5教科の公開授業と研究協議が実施された。

同校の図画工作は、国立教育政策研究所から指定を受け、「子供の思いを生かす指導と評価の工夫」をテーマに研究が行われている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。