「いじめ防止法に欠陥」主張 文科省、川口市教育長指導

埼玉県の川口市立中学校の元生徒がいじめ被害を巡り市を相手取って起こした裁判で、市側がいじめ防止対策推進法について「欠陥がある」と主張したことについて、文科省が10月16日までに、同市の茂呂(もろ)修平教育長を呼び出し、法を守るよう異例の指導を行っていたことが分かった。

市側が同法を「欠陥がある」と主張したのは9月18日、さいたま地裁(岡部純子裁判長)の第6回口頭弁論で提出した準備書面。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。