発達障害に対応する免許を提案 特別支援教育有識者会議

これからの特別支援教育の在り方を検討している文科省の有識者会議は10月16日、第2回会合を開き、特別支援教育を担う教員の専門性向上や養成をテーマに議論した。出席した委員からは、特別支援学校における「自立活動」の重視や、発達障害に対応した特別支援教育の教員免許創設などが提案された。

特別支援学校の教員は、小中学校などの教員免許状に加え、特別支援学校教諭免許状を持つのが原則だが、「当分の間」は特別支援学校教諭免許状を持っていなくても特別支援学校の教諭になることができる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。