【問題行動調査】いじめ認知件数が最多に 不登校も増加

2018年度の学校におけるいじめの認知件数は54万3933件で、いじめ防止対策推進法の施行後最多となったことが10月17日、文科省が発表した「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」で明らかとなった。暴力行為や自殺、不登校、中途退学も、前年度より増加した。

学校におけるいじめの認知件数の推移

調査によると、小、中、高校、特別支援学校のいじめの認知件数は前年度より12万9555件増加し、児童生徒1000人当たりの認知件数は40.9件(前年度30.9件)だった。校種別にみると、▽小学校 42万5844件(前年度比10万8723件増)▽中学校 9万7704件(同1万7280件増)▽高校 1万7709件(同2920件増)▽特別支援学校 2676件(同632件増)と、全ての校種で増加した。過去5年間を見ると、小学校におけるいじめの認知件数が大幅に増えているのが特徴だ。

また、児童生徒の生命に関わるいじめの重大事態は602件発生しており、前年度より128件増加した。校種別では▽小学校 188件(同43件増)▽中学校 288件(同64件増)▽高校 122件(同20件増)▽特別支援学校 4件(同1件増)。

小、中、高校における暴力行為の発生件数は7万2940件(同9615件増)。児童生徒1000人当たり5.5件(前年度4.8件)発生している。発生件数の過去5年間の傾向を見ると、中学校で減少する一方、小学校では増加している。

小、中学校の不登校の児童生徒数は16万4528人(同2万497人増)。1000人当たりの不登校児童生徒数は16.9人(前年度14.7人)に増加した。1000人当たりの不登校児童生徒数は1998年度以降最多となった。

高校における中途退学者数は4万8594人(1792人増)で、中途退学者の割合は1.4%(前年度1.3%)だった。中途退学者数は対象に通信制課程を加えた2013年度以降、年々減少していたが、18年度は増加に転じた。

小、中、高校から報告のあった児童生徒の自殺は332人(同82人増)だった。

関連記事
関連記事