【問題行動調査】不登校6年連続増 中学校1学級に1人

不登校の児童生徒は2018年度に小学校、中学校、高校の全てで増加したことが、文科省の「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」で分かった。

小中学校の不登校はあわせて16万4528人に上り、6年連続で増加した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。