変形労働時間制でガイドライン整備 給特法改正案を閣議決定

政府は10月18日の閣議で、公立学校に変形労働時間制の導入を可能にする教職員給与特別措置法(給特法)改正案を閣議決定した。教員の業務量を定める「上限ガイドライン」を文科大臣の指針とする条文を新設することで、教員の長時間労働の是正に法的な根拠を持たせる狙いもある。萩生田光一文科相は閣議後の記者会見で、教育委員会などに向けて、変形労働時間制が適切に運用されるよう、ガイドラインやQ&Aを整備する考えを示した。

改正案では、公立学校教員の超過勤務時間の上限を1カ月45時間、年360時間以内と定めた文科省の「上限ガイドライン」を、文科大臣が策定する「指針」に格上げする。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。