【英語民間試験】大学の59%が入試に利用 全630校確定

2020年度から始まる大学入学共通テストの英語民間試験の活用を巡り、文科省は10月21日、大学入試センターの「英語成績提供システム」を利用する大学を確定させた。利用する大学は最終的に全体の59.0%に相当する630校に増えた。

利用する大学は、四年制大学が539校(70.9%)、短期大学が91校(29.5%)となった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。