教員のわいせつ行為を類型化 長野県教委、再発防止で

長野県教委は10月21日、県内の教職員による児童生徒のわいせつ事案を類型化し、分析した「自校の児童・生徒へのわいせつな行為に係る検証報告書」を県内の教職員に公開した。行為に至るまでの加害教員の心理状態や思考の癖、動機などを、臨床心理士ら専門家が検証してまとめた。

報告書では2009年5月~19年4月に発生した懲戒処分事案14件を分析。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。