国際バカロレアで改正案 教育課程で新たに条件

国際的に通用する大学入学資格であるIB資格を取得できる国際バカロレア認定校のディプロマ・プログラム(DP)を巡って、中教審は10月29日に開催した第113回初等中等教育分科会教育課程部会で、教育課程の基準について新たに条件を設ける改正案を示した。年内から年明けをめどに、公布・施行される見込み。

改正案が示されたDPは、主に高校で導入される16~19歳を対象にした2年間のプログラム。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。