いじめデータをAIで分析 滋賀県大津市教委が中間報告

 滋賀県大津市教委は10月28日、過去に報告されたいじめ事案のデータ約9000件を人工知能(AI)で分析した実証実験の中間報告を公表した。事態が深刻化する割合を半減させる対策の傾向などが明らかになったとしている。いじめ事案にAI分析を導入した取り組みは全国初で、同市教委では来年度に試験運用し、2021年度から全ての市立小中学校で運用を開始する予定。

 同市では中学2年生だった男子生徒が11年、いじめを苦に自殺したのを受け、今年3月、13~18年度に市内の小中学校から報告のあったいじめ疑い事案約9000件のデータを分析し、深刻化の可能性などを予測する取り組みを進めると発表。連携する民間企業と協定を締結した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。