速報【英語民間試験】萩生田文科相、来年度導入の見送り表明

来年度から始まる大学入学共通テストの英語民間試験の活用を巡り、萩生田光一文科相は11月1日、閣議後の記者会見で、経済的な状況や居住地域への配慮が不十分で「自信を持って受験生にお勧めできる状況ではない」として、導入を見送ることを表明した。大学入試で英語4技能を測る試験は必要だとして、2024年に新たな英語試験を導入する考えを示し、今後1年間をかけて具体策を検討する方針を明らかにした。

英語民間試験の導入見送りを表明する萩生田光一文科相

これに伴い、大学入試センターは11月1日から始める予定だった、受験に必要な共通IDの発行申し込みの受付を中止する。

これに関連して萩生田文科相は受験生と保護者に向けたメッセージを発出。そのなかで、「大学入試における英語民間試験に向けて、今日まで熱心に勉強に取り組んでいる高校生も多いと思います。今回の決定でそうした皆さまとの約束を果たせなくなってしまったことを、大変申し訳なく思います」と陳謝。

2024年からの新たな英語試験の導入に向け、「皆さまが安心して、受験に臨むことができる仕組みを構築していくことをお約束します」と説明した。