【英語民間試験】運営団体は戸惑い 延期による混乱懸念

英語民間試験の活用延期の発表に、民間試験の運営団体は戸惑いを隠せない。大学入試センターで共通IDの申し込み受付が始まる11月1日までに、来年度の試験日程や会場について公表したばかりの団体もあっただけに、このタイミングでの延期決断はさらなる混乱を生じさせる懸念もある。

「英検2020 1 day S-CBT」の第1回検定の予約申し込みを始めるなど、いち早く対応を進めていた英検の担当者は、教育新聞の取材に対し「まずは文科省からの事情説明を聞きたい。…

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。