【英語民間試験】高校関係者の反応 全高長・私学中高連

11月1日の閣議後会見で、萩生田光一文科相が来年度からの大学入学共通テストでの、英語民間試験の活用延期を表明したことを受け、実施延期を求めてきた全国高等学校長協会(全高長)会長の萩原聡・東京都立西高校長は同日、制度の抜本的な見直しを求める声明を発表した。また、延期反対の立場だった日本私立中学高等学校連合会(中高連)会長の吉田晋・富士見丘中学高校長は教育新聞の取材に対し、すでに準備を進めてきた受験生の救済を各大学に求めた。

全高長は、民間試験の詳細な実施概要や大学の活用方針の公表が不十分であり、地域格差や経済的な格差の是正策についても課題があるとして、9月10日に民間試験の活用延期を求める要望書を文科省に提出していた。…

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。