【英語民間試験】 萩生田文科相、「白紙撤回」に言及

来年度からの開始を予定されていた、大学入学共通テストでの英語民間試験の活用を巡り、萩生田光一文科相は11月1日、閣議後の記者会見で、経済的な状況や居住地域への配慮が不十分で「自信を持って受験生にお勧めできる状況ではない」として見送りを表明した。その上で、大学入試で英語4技能を評価する必要性は変わらないと説明、2024年に新たな英語試験を導入する考えを示した。文科相の下に検討会議を設置し、今後1年間をかけて、新たな英語試験の在り方について結論を出す。

新たな英語試験の在り方を巡り、萩生田文科相は、民間試験を大学入試に活用する是非について、「そのことも含めて抜本的に見直していきたい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。