教育系YouTuber 葉一氏とヨビノリたくみ氏が対談

教育系YouTuberとして授業動画を配信している葉一(はいち)氏とヨビノリたくみ氏が11月4日、東京都千代田区内で開催された「Edvation×Summit 2019」で対談し、教育系動画の需要やオンライン学習の未来について語った。葉一氏は「(YouTubeの授業動画は)教育の主役にはなれないし、主役になってはいけない。あくまで学校教育のサポート。学校に行けない子や、たまたま学校の授業と相性が合わない子たちをサポートしたいと思って配信している」と強調した。

オンライン学習の可能性について語る葉一氏(左)とヨビノリたくみ氏(中央)

教員免許を所持する葉一氏は、2012年から中学生をメインターゲットに教科書の内容に沿った授業動画を配信。現在、動画数は3100本、累計再生回数は約2億2000万回に上る。

授業動画を配信し始めたきっかけについて、葉一氏は「学習塾の講師をしていたときに、月謝の高さに驚いた。家庭の所得格差のために、塾で勉強できる子とできない子がいる。なんとかしたいと思った」と振り返った。

また、授業動画を見る不登校の生徒も多いといい、「親御さんにも浸透してきて、『動画を見て勉強したおかげで学校に行けるようになった』などと声をいただくことも増えた。そういった面では、学校とは違った居場所になっているのかもしれない」と話した。

一方、東京大学大学院修了の経歴をもつヨビノリたくみ氏は、予備校講師としての経験を生かし、大学生向けの授業動画を配信している。

ヨビノリ氏は自身の学生時代を振り返りながら、「大学の講義よりも予備校の授業が分かりやすかった。私も予備校の講師を経験して分かったが、大学教員は研究のプロであり、基礎的なものより専門分野についての方が面白く授業をしてくれる。大学で学ぶ専門的な学びに橋渡しするつもりで、基本的な知識を分かりやすく動画で伝えている」と説明。

大学との連携も進めており、ヨビノリたくみ氏の動画を授業の参考としてシラバスに掲載する教員がいたり、オープンキャンパスで実際に講義をしたりもしているという。

さらに葉一氏、ヨビノリたくみ氏とも「この仕事をしていると、学校や教師が嫌いなのだと誤解を受けることが多いが、全くそういったことはない」と強調。

葉一氏は学校教員に向けて、「先生の中には私たちの役割を嫌っている人もいると思う。まずは、授業動画の内容を見てほしい。学校の授業を否定しているわけではなく、子供たちのサポートツールでありたいだけ。子供をサポートし、教育を盛り上げたいという気持ちは皆さんと同じ」と語り掛けた。