【共通テスト】記述式問題や英語の配点 変更の考えなし

英語民間試験の活用延期に伴い、2021年から始まる大学入学共通テストについても見直しを求める声が上がっているのを受け、萩生田光一文科相は11月5日、閣議後会見で、国語と数学の記述式問題の出題や、英語のリーディングとリスニングの配点について、現段階で変更する考えはないことを明らかにした。

記述式問題については、特に段階別評価となる国語で、採点方法や受験生の自己採点時のぶれなどが指摘され、導入延期を求める声が出ている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。