EdTech活用の最前線 「未来の教室」中間報告会

2日目となった11月5日のグローバルカンファレンス「Edvation×Summit 2019」では、経産省が取り組んでいる「未来の教室」実証事業の中間報告会が行われた。実証モデル校となっている中学校・高校の計4校から教師や生徒、AI学習教材やコンテンツなどを提供した企業関係者が登壇し、先端的な授業に取り組んでいる体験を説明した。

参加した中学校・高校は、▽東京都千代田区立麹町中学校▽武蔵野大学中学校▽広島県福山市立城東中学校▽長野県坂城(さかき)高校。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。